2015年03月14日

八王子マサラフェスティバル


3/21(土祝)、3/22(日)、八王子がインドに!

 野外ステージ ~インドの踊りと音楽~
 レストラン・エスニック雑貨屋台 ~八王子マサラバーザール!!~
 カレー対決! ~人気投票型カレーコンテスト~
 福引&抽選会 ~全員に何かが当たるチャンス!!~
 インドなトークショー&ミニ個展 ~好奇心がいっぱい!!~
 キッズブース ~神様ぬりえで福引1回プレゼント!!~
 サリー着付け体験

と盛りだくさんで楽しいイベント。

私たちヌリッティヤ ラクシャナ ジャパンも、21日(土)の12:40からバラタナティヤムを踊ります。
多彩なインドの空気を楽しみに、どうぞ遊びに来てください。


八王子マサラフェスティバル 公式サイト: http://masalafes.tumblr.com/

mfposter.jpg

mf.jpg
posted by Yamini | インド舞踊 イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

春のひととき展 〜インド舞踊の夕べ明日館の桜と舞う〜


わたしたちは、自然豊かな自由学園で10代をすごしました。薪を割ってご飯を炊いたり、落ち葉を集めて堆肥をつくったり、夕日を浴びながら芝刈りをしたり――。日常の中に、土や草の香りを感じ、凜とした冬の木立や生命力あふれる新緑の美しさに心を動かされる時間がありました。 そうした日々が、「酵母」のような働きをしたのかもしれません。卒業から20年近くの月日が流れたいま、「つくる」「織る」「描く」といった活動をしている人がたくさん生まれました。 春のひととき、わたしたちのささやかな作品展をお楽しみいただけましたら幸いです。

1503club75.jpg

1503club75_2.jpg


私も3月27日(金)の夜に、インド舞踊を踊ります。
明日館の建物と桜(うまく咲くかな?)、そして同級生たちの展示。
麗らかな春のひとときをご一緒できると嬉しいです。


春のひととき展 〜インド舞踊の夕べ明日館の桜と舞う

満席になりました。どうもありがとうございます。

3/27(金) Part1►19:00〜19:30 Part2►20:00〜20:30
重要文化財 自由学園明日館 大教室「としま」にて
一般1,000円 学生500円 小学生以下無料
定員50名・ご予約優先

◆ ご予約 ◆
Email: yukiyamini@gmail.com あてに以下の情報をお知らせください。
@ご氏名 A学生/一般 B電話番号

* Part1とPart2とで一つの公演となっております。


P5241901.JPG


展覧会は3日間開催していますので、ぜひそちらにも足をお運びくださいませ。

「春のひととき展」 〜CLUB75〜
2015年3月26日(木)〜2015年3月28日(土)11:00〜21:00(最終日16:30まで)
重要文化財 自由学園明日館 大教室「としま」
(東京都豊島区西池袋2-31-2 電話:03-3971-7535)

URL:http://jiyuclub75.tumblr.com/

<Arts&Crafts>
吉浦亮子「切り紙モビール(Papirklip)」
伊藤真穂「木と毛糸の人形(Maholz)」
木原ちひろ「かばんと小物」
黒田百合子「羊毛フェルト」
倉木綿子「書・判」
山徳たまき「油彩」
ウテナツボミ「こぎん刺し」
circle base「陶芸」

<Events>
3月26日(木)19:00オープニングトーク「CLUB75のご紹介」

3月27日(金)Part1:19:00〜 Part2:20:00〜
堀友紀子「南インド古典舞踊 バラタナティヤム」
(有料一般1,000円 学生500円 小学生以下無料)(定員50名)
予約優先:http://yukiyamini.com/

3月28日(土)18:30〜と20:00〜
みなかみまゆ子「ブルーグラス」
(明日館桜見学会-夜の部-でご自由にお楽しみください。)

<Products>
千代薫「イタリアのメルカートから」
前田眞澄「ガーナの大地から」
伊藤真穂「ドイツのおもちゃの村から」

<ファイル展示>
みなかみまゆ子「獣医さんのこぼればなし」
佐々木多恵子「きれいのはなし」

CLUB75は、学校法人自由学園女子部(75回生)同級生有志が発信するアート・プロダクト・イベントの総合プロジェクトです。
フランク・ロイド・ライト氏設計の自由学園明日館で、満開の桜と、活躍する同級生女性たちによる作品の融合をお楽しみください。

【春のひととき展に関するお問い合わせ】
CLUB75事務局 田辺
E-MAIL:jiyuclub75@gmail.com
posted by Yamini | インド舞踊 イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

秋冬の活動報告


来年の話をすると鬼が笑うと言いますが、昨年の話をすると誰が笑うのかな。

昨年の10月から12月にかけての活動報告をちょっとしておきます。

11月は毎年呼んでいただいている南相馬あきいち祭りで踊ってきました。
PB035417.JPG

PB03543.JPG

PB03547.JPG
南相馬市とのかかわりも年々深くなり、たくさんの方にお世話になる中で、もっともっと恩返しがしたいなぁという気持ちを強くする日々です。


それから九段下のヨガサークルで企画した講座「ヨガから入るインド文化〜衣・食・舞〜」
2014india.jpg

4回連続の講座で、第1回と第4回はヨガを、そして第2回は「舞」「衣」ということで、
バラタナティヤムの鑑賞と、少し体験。それからみんなでサリーを着てみました。
DSCN991.jpg

141102.jpg

141103.jpg

そして第3回は「食」。
マサラワーラーに講師をお願いし、南インドの軽食ティファンを作って食べるという楽しい催しになりました。
141104.jpg


12月はインド舞踊つながりの友達からの依頼で、東京工業大学で行われたシンポジウムで踊りました。
http://www.ghrd.titech.ac.jp/sympo/
冷たい風が吹く日でしたが心はポカポカ。
一緒に踊った岸美和ちゃんと充実感をたっぷり味わい、
こうして繋がっているご縁が心に沁みる日でもありました。

今年は6月13日のソロ公演に向けて、また3月に行われる八王子マサラフェスティバル、
同じく3月に友達たちとする展覧会に向けて練習を重ねています。

インド舞踊の難しさに時には落ち込みそうになったり、でもそれを回避する材料は私の中にたっぷり。
PB035447.JPG
posted by Yamini | インド舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
2015年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
みなさまにとって素晴らしい1年になりますように。
P114267.jpg
posted by Yamini | その他あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

北海道ツアー


北海道ツアーのことを振り返ります。

北海道では新得共働学舎の方々にアレンジしていただき、いろいろな場所で踊ってきました。
共働学舎とかかわって久しく経ちますが、こんな形で関わりが持てるようになるとは不思議。

北海道ツアーは4日で6公演というギュッと詰まったスケジュールでしたが、
共働学舎のおいしいごはんやいつも変わらずあたたかく迎えてくれるみんな、
それからどこまで走っても広がる雄大な自然に力をもらい、楽しく終えることができました。
そして岡山から来た母、一緒に行った妹と甥にも感謝。


初めに訪れたのは、障害者支援施設「屈足わかふじ園」
「白い衣装の人はセンターなんですか?」
「かわいいです」
などとおもしろい質問もいただきました。

目や手の動きを一緒にやってみたりもしました。
P9124794 (800x600).jpg

「出待ち」してくれて、車が見えなくなるまで手を振って見送ってくださった方もいました。

この日のようすはわかふじ園のブログにも載せていただきました。
http://blog.canpan.info/wakafujienn/daily/201409/19


その日の夜は音更というところにある高野ランドスケープでライブでした。
小学校だったところを建築事務所にしているほっこりな場所。
P9124821 (600x800).jpg

P9124824 (800x600).jpg

P9124827 (600x800).jpg

飾りつけもとっても素敵にしていただきました。
P9124847 (800x600).jpg

みなさんとガネーシャ神を。
P9124880 (800x600).jpg

シヴァ神のポーズもしてみました。
こちら側も踊りによって少しずつちがうのがおもしろい。
P9124883 (800x600).jpg

P9124884 (800x600).jpg


翌日はこちらも廃校をホールにした、新内ホールでの空想の森映画祭に。
P9134966 (800x600).jpg

P9134960 (600x800).jpg

庭の木々がライトアップされた中、しっとりと踊らせていただきました。
P9134975 (800x600).jpg

P9135008 (800x600).jpg

ごはんやおしゃべりも堪能。
P9135025 (800x600).jpg


3日目は養護老人ホーム「ひまわり荘」
一緒に写真を撮ったり、楽しい時間を過ごしました。
P9145046 (800x600).jpg


母がこの日初めて会う親戚を7人連れてきたのにも、びっくり。

この日のようすは新聞に載せていただきました。
20140925.jpg


4日目の朝は聴覚障害者老人ホーム「やすらぎ荘」
耳の聞こえない方も多く、手話で通訳していただきながらの公演でした。
P9165125 (800x600).jpg


そしてこの日は敬老の日で、私たちも感慨深くいっそう嬉しく過ごしました。
P9165140 (800x600).jpg


最後におじいさまがおばあさまを車椅子で押していらして、写真をと頼まれました。
東京からご夫婦で移って来られたのだとか。なんだか心に染みました。


そして最後は共働学舎でのライブ。
感謝の気持ちを込めて、そして馴染みのあるみなさんに笑わされたりもしながら楽しい一夜になりました。
P9165158 (800x600).jpg



共働学舎。
P9185248 (600x800).jpg

P9175226 (600x800).jpg

P9175224 (600x800).jpg

P9185246 (800x600).jpg


最終日は狩勝峠やケーキ屋に連れて行ってもらい、たくさんの思い出に浸りながら北海道を後にしました。
P9185259 (800x600).jpg

P9185268 (600x800).jpg

P9185276 (800x600).jpg

P9185283 (800x600).jpg
posted by Yamini | インド舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

6がつ13にち、そろこうえん


南相馬市に来ています。
明日は復興あきいち。
すでに今年もたくさんの方々にあたたかくもてなされ、いい思いをたくさんさせてもらっています。



さて、まだ先の話ではありますが、来年は3年ぶりにソロ公演をすることになりました。

6月13日(土)、座高円寺にて。


ソロ公演をするというと驚かれることも多いですが、バラタナティヤムはひとつの舞台をひとりで踊る形式が多く、一つ一つの曲もそんな風に作られています。

ひとつの公演の中に人生があり、壮大なうねりがあり、そして至福の喜びがある。

私の先生もそんな経験をとても大切にしていて、先を行く人たちについていっているという感覚もあります。



とは言え、ソロ公演がいくら良くても簡単な気持ちでできるものではなく、なかなか踏ん切りがつかないでいました。

「天にお任せ」と会場が取れるかに掛けたところ、あ、とれちゃった、と。(・-・)


でも覚悟ももうばっちり決まって、今は 、あれこれアイデアがふきこぼれそうになっています。


そして、6月13日空けておいてね、と声を大にして言いたい気持ち。

2015年6月13日、よろしくお願いしまするんるん
posted by Yamini | インド舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

東京公演ありがとうございました

 
たくさんの方々に支えられ、見守っていただいた Catur Nati Tour。
昨日の東京公演でファイナルを迎えました。

客席にも嬉しいお顔がたくさん。
そして沖縄・福岡・北海道で会った方々のやさしいお顔、ひとつひとつの舞台、訪れた地、
五感で味わったたくさんのできごと。
いろいろな思いと感謝があふれ、胸がいっぱいになりました。

ライトを浴びてお客様のオーラを浴びて、
それから4人で踊る演目ではすばらしい演奏家さんたちに背中を押され、
さらにステージの左右にはすばらしい舞台美術。本当に贅沢な時間でした。

お越しくださったお客様、行けないけれどと応援メッセージをくれた皆様、裏で支えてくださった皆様、
ご指導くださった先生方、それから私をこの道に導いてくれた目に見えない力・・・
いつもそうですが心から有り難く思います。

これからもこの美しい世界で、宝石をひとつひとつひろっては磨きながら歩んで行きたいと思います。



posted by Yamini | インド舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

25日のご紹介


25日のCatur Nati東京公演は昼夜でひとつの公演になっていますが、
もちろんどちらかだけでもお楽しみいただけます。

お昼<陽光>はヌリッタと呼ばれる純粋舞踊を中心に。
純粋舞踊とは、特に物語性がない、インド舞踊の身体表現の部分をいいます。

そして夜<月光>は「神話」をテーマに、ヌリッティヤ、アビナヤと呼ばれる感情表現を。
ヒンドゥー教の神々の世界を身振り手振り、顔の表情で描き出していきます。

そしてどちらの回でも、打楽器タブラの立岩潤三さん、弦楽器シタールの国分あきこさんのインド古典音楽をお楽しみいただき、そしてバイオリンのMIZUHOさんが加わって、4人で踊る曲を生演奏でお送りします。

4人で踊る曲は立岩潤三さん作曲によるオリジナル曲です。


その他にも4人それぞれがソロでテーマに合った曲をご披露。

そんなわけで私が踊る曲について、個人的な思い入れなどをちょっと書いてみたいと思います。

お昼に踊るのは「ジャティースワラム」という曲の、サヴェリというラーガ(曲調)のもの。
この曲は今の教室で2番目か3番目くらいに習った、とっても馴染み(?)のあるアイテムです。
ライブで何度踊ったことか・・という、久しぶりに踊ろうとしても振りを忘れてしまっているところがほとんどないアイテムです。

しっとりと落ち着いた曲調で、踊っていても穏やかな感じ。
とは言え踊っても踊っても発見があって、高くそびえ立つ山があって、今回もいろいろと直してみたり変えてみたり、てっぺん目指して試行錯誤を続けています。


そして夜がちょっと手強いアイテム。
パダムという感情表現のみのアイテムから、「ワダワダ カンナ」を。
「ワダワダ カンナ」とは現地のタミル語で「おいでおいで、クリシュナ」という意味。
幼いクリシュナ神はいたずらばかりして、おかあさんのヤショーダは困らされてばかり。でもクリシュナが愛おしくて・・・というほほえましいお話です。

この曲はとってもかわいいのですが、はやいテンポの中で振りをどんどんやっていかなければいけなくて、
いかにクリアにリアルに物語るかが課題です。

そして、この曲はお恥ずかしながら私の中の「発掘」アイテム。
この曲は2007年にインドでアランゲトラムという初ソロ公演をしたときに教わり、その後日本でも一度だけ踊ったレアアイテムです。

でもインドでラクシュマン先生に一挙一動じっくりと指導していただいた思い出の曲でもあります。
そしてアランゲトラムで生演奏の中踊ったのがと〜っても楽しかった。
今回そんなことを振り返りながら発掘作業をすすめてきました。
これからまだまだ踊りこんでいこうと思っています。


25日、お待ちしておりマス。

写真はアランゲトラムで「ワダワダ カンナ」を踊る私!
06.jpg
posted by Yamini | インド舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月28日

天高く馬肥ゆる秋(のイベント)

 
北海道ツアーのようすなど、書く事はいっぱいたまっているのですが、その前にいろいろとお知らせを。
秋は楽しいイベントがもりだくさんです。


10月5日(日)
「お寺 De ミールス!」〜「南インドカルチャー見聞録」出版(決定)記念イベント!!


「まちかど倶楽部」と「マサラワーラー」による南インド紹介本の出版を記念して、お寺で南インド祭りです。

お代:3000円(ミールス食べ放題!)
場所:池上 本妙院 東京都大田区池上1丁目33−5

開場: 12:30 
ミールス開始: 13:00
まちかど倶楽部&マサラワーラーによるトーク: 14:30
バラタナティヤム by ヌリティヤ・ラクシャナ・ジャパン: 15:00
終了: 16:30頃

出演:
ヌリッティヤ・ラクシャナ・ジャパン(バラタナティヤム)
マサラワーラー(ミールス、トーク)
ナガムニマニマニ(タミルグッズ)
studio yukar(アーユルヴェーダ)
まちかど倶楽部(企画・主催、トーク)

ご協力:本妙院
ご予約:machikadomasala@gmail.com
詳細:http://blog.goo.ne.jp/akira-65/e/77fd49c2ec604a0da6ecc69174e814ff



10月17日・31日・11月14日・28日
「ヨガから入るインド文化〜衣・食・舞〜」

千代田リフレッシュ・ヨガ企画、千代田区立生涯学習館主催のイベントです。
平日の昼間で、千代田区在住、在勤、在学の方対象ですが・・・
2014india.jpg
詳細:http://www.kudan-ll.info/event/4363.html


そして10月25日のCatur Nati東京公演にもぜひ足をお運びください。
A4_omote.jpg
posted by Yamini | インド舞踊 イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

Catur Nati東京公演


ツアーのファイナルである東京公演。

東京公演はお昼の部と夜の部それぞれにテーマを持たせて、
インド舞踊の多彩さをお楽しみいただければと考えています。

公演は全指定席になり、まずは昼夜通し券のご予約が始まりました。
公演の詳細はまたお知らせしますが、ご興味のある方どうぞ早めにご購入いただければと思います。


Catur Nati東京公演
A4_omote.jpg

A4_ura.jpg


<日時>
2014年10月25日
昼の部「陽光 Sunshine」 open 15:00 start 15:30
夜の部「月光 Moonlight」 open 18:30 start 19:00

<会場>
成城ホール http://seijohall.jp/
〒157-8501 世田谷区成城6-2-1
小田急線「成城学園前」下車 徒歩4分

<チケット>
昼夜通しチケット 予約 4000円 当日 5000円
昼・夜 各公演チケット 予約 2500円 当日 3000円
全席指定席

※ 9/1(月)より、通しチケットご予約開始
  9/22(月)より、各公演チケットご予約開始

チケット予約はこちらから 
http://padma-odissi.shop-pro.jp/


***********************************************
”陽光”の中で舞い踊るリズミカルな演目の数々、”月光”の中で舞い語る奥深い神話の世界。心の深淵から紡がれる珠玉のインド古典舞踊。

日本人インド古典舞踊家4名による日本ツアーのファイナル公演。

鍛えられた身体的な表現と、奥深い精神的な表現、インド古典舞踊の見どころの全てを観ていただくために、「陽光」から「月光」への二つの部で、ひとつの公演となっています。ソロ・グループパフォーマンス・インド古典音楽に加え、タブラ奏者・パーカッショニストの立岩潤三氏がこのツアーのために創作したオリジナル楽曲によるコラボレーション演目が各公演のフィナーレを飾ります。3人の演奏家のライブミュージックによって、4人の舞踊家が共演します。


<出演>
岡埜桂子(モヒニヤッタム)
岸美和(バラタナティヤム)
堀友紀子(バラタナティヤム)
星野あかね(オリッシー)
PADMA Odissi Dance (オリッシーグループ)

<スペシャルゲスト>
立岩潤三(タブラ)
国分あきこ(シタール)
MIZUHO(バイオリン)

**************************************************
<ツアーオフィシャルサイト>
http://catur-nati.seesaa.net/

<チケット予約>
http://padma-odissi.shop-pro.jp/

<お問い合わせ>
caturnati@gmail.com
posted by Yamini | インド舞踊 イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする