2010年02月07日

学生時代の思い出・・・リヤカー

 
学校では日常的にリヤカーを使っていました。
学校の敷地が広かったので、物を運ぶときはリヤカー。

ごはんの材料を運ぶとき、ゴミ捨てのとき、寮のひっこしのとき。
(寮が2つ、歩いて5分ぐらい離れた場所にあった)
リヤカー.jpg
坂道でじゃがいもが転がったことなんかもありました。

そのころの日記をパラパラめくっていたら、牛乳ビンを1ケース割ったこともあったよう。
そんなことすっかり忘れていたけれど、その頃の私にとっては一大事でした。

記憶ってあいまいですね、特に失敗のたぐいって。


ゆき.JPG
 
posted by Yamini | 学生時代のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

学生時代の思い出・・・料理

 
高校から親元を離れ、東京にきました。
なかなか不思議な学生生活を送っていたので、思いつくままにふりかえってみます。

できることは自分たちの手で、という方針の学校だったので、
授業という名目でいろんなことしてました。

ということでごはんづくり。

朝と夜は寮で、お昼は学校で交代でつくってました。

学校では30人くらいで、約600人分の食事。
寮では6〜8人で100〜120人分。


きゅうりはダンボール2箱、調味料はボールに何杯という世界。
魔女というか給食のおばちゃんというか。
料理.JPG
おかげでいまだにごはんを作りすぎる傾向があります。


寮の食事作りはけっこう大変でした。
少ない人数、少ない火の数で、
決まった時間(みんなで集まってご飯を食べる)までに出す。

こんなもの、ちゃんと持ってました。
(学園人のみんな懐かしいでしょ? こんなことしてたとは信じがたい)
※このレシピの分量は1人分・クリックで拡大

レシピ.jpg


砂糖と塩をまちがえるというハプニングが起きて、泣いてあやまる、
とかありましたねぇ。

あのころのレシピ、ちょっと掘りおこしてみようかな。
 
 
posted by Yamini | 学生時代のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする