Malavika Sarukkaiさんの動画

世界的に有名なダンサーMalavika SarukkaiさんのDVD宣伝動画。

いろいろな姿のマラビカさんが楽しめます。
 

もうひとつは、シヴァダンス。

 

私たちの動画が見られます

  
夏のナタラジライブからの映像。

ヴァルナムという長いアイテムの一部です。
間にアビナヤ(ゼスチャーでヒンドゥー神話を物語る部分)がはいっています。

「女神よ、あなたは宇宙の母
 小さな虫、象、鹿、鳥、魚、木、草花・・・
 この宇宙に存在する全ての生命の源です」

ヴァルナムについてはこちらにちょっとまとめています。


最後になりましたが、rajamakorajaさん、どうもありがとう!
 

YouTubeの大きい画面で見たい方はこちらへどうぞ。
 
 

Savitha Sastryさんの動画

 
Savitha Sastryさん。
カルフォルニアのサンノゼを拠点としていらっしゃる方のようです。

美しい。。。





Mythiliさんのホームページが少し前にバージョンアップされ、
動画がきれいにまとめられています。

こちらも、美しい。

http://www.mythiliprakash.com/videos1.html


楽団も豪勢。ボーカルはMythiliさんの弟さん。

ちょっと重たいので、まずは白い線が全部グレーになるまで気長に読み込み、
それから再生した方がいいかも。

 無題.bmp.jpg

 

チットラ リハの動画

 
ダンスドラマ「チットラレッカー」のリハーサル風景、ダイジェスト版が
YouTubeにアップされました。


まだまだ磨いている途中。

私も様々なことを学ばせていただいています。



 
 

Padmaさんの動画 1

  
インド舞踊界の大御所、Padma Subrahmanyam(パドマ・スブラマニヤム)さん。

前回のインド滞在中、マスターに「ラーマヤナ(インド叙事詩)」の
デモンストレーションに連れて行ってもらい、それ以来すっかりファンに。
舞台に何度も通いつめました・・・。

捨て身というか、エンターテイナーというか、芸人というか。

パドマさんの舞台を観ているときって、自然と顔がほころんでしまう。
そして、情景が目に浮かんでくる。


踊り手が楽しみ、観客も楽しい。


先日のNHKの特集で、「神に捧げる踊り」とありましたが、
ある部分イコールでもあるのかなと思ったり。



「ラーマヤナ」のデモでは、若い頃の映像もみました。
体の使い方、表情、見せ方、衝撃的でした。

パドマさんは同時に、踊りに対する知識も豊富で、
土壌もしっかりされているのだと思います。


でもそういうこと全部抜きにしても、楽しい!


映像はガネーシャ神のお話。

「モーダカハスタ、ムーシカヴァーハナ」
(大好物はお菓子、ねずみに乗っている)と歌われてるとき、
ねずみの鳴き声のような演奏が入るのは、気のせい・・・ではないはず。

後半6分すぎの、ヴィシュヌ神とガネーシャ神とのやりとり、大好きです。
 

(画像を2回クリックすると、youtubeの大きい画面に飛びます)

 
   

マスターの動画

 
われらがラクシュマンマスター。


どっしりとした重心、メリハリのある動き、全身から発せられる表情。

何より、観ている私たちをわくわくした気もちにしてくれます。


映像は、カパレーシュワラテンプルで奉納舞をしている時のもの。
シヴァ神のヴァルナムを踊っています。


シヴァ神と、妻パールバティー神がけんかをし、世界が暗闇に。
シヴァ神が妻のもとへ鹿やへびをつかいに出すが、パールバティーは聞き入れない。
最後に孔雀(マユラ)がパールバティーの心を解きほぐし、二人は仲直りする。

その神話がもとになり、マイラポールという地名がついた。

※マイラポールはカパレーシュワラ寺院などがある古い街


とマスターが説明してくれました。
私の英語力のひどさゆえ、内容はやや不安ですが。


(動画はコチラ↓)
 http://www.archive.org/details/KutcheriBuzzDancerALakshman

真ん中の矢印をそのままクリックすると、見づらい画像がさらに見づらくなってしまうので、
左脇のメニューから見たほうがいいと思います。




やや長めですが・・・

  

Mythiliさんの動画 2

  
Mythiliさんは、ヌリッタ(身体表現)もすばらしいけれど、
私はアビナヤ(感情表現)も好きです。

特に母を演じているときの表情が。
慈愛に満ちていて、清らかな深い愛情、気高さが伝わってきます。


今回はヴァルナム。(ヴァルナムについての詳しい解説はコチラ


このヴァルナムは、パールバティーという女神のヴァルナムです。

宇宙の母パールバティーはシヴァ神の妻であり、
ガネーシャ神とムルガン神の母でもあります。(インド神話はこじつけだらけ)

ガネーシャ神は、象の頭と大きなお腹をもち、知恵や富の象徴として、
6つの頭をもつムルガン神は、戦闘の神として親しまれています。


この動画のアビナヤの中では、
ガネーシャ神がお腹がすいたというので食べ物をあげていると、
悪魔との戦いを終えたムルガン神が帰ってきて・・・と語られています。



ちなみに楽団の映像が出ていますが、インドではこのように生演奏で踊られます。

手を振り回しながら歌っているのは、ハリプラサードさん。

私も2年前にインドで初ソロ公演(アランゲトラム)をしたときには
この方に歌ってもらいましたが、とっても心地よかったことを覚えています。


楽団は大きな支えであり、踊り手を高めてくれる存在です。


長くなりましたが。。。


 
大きめの画像↓
http://www.youtube.com/watch?v=mHyuEr5MtE4
 

 

Mythiliさんの動画 1

 
「1」ということは、続編が控えているということです。

そちらを紹介したくてうずうずしてきたので、まずはオーソドックスな方から。


Mythili Prakashさんは、今までちらちらと書いてきましたが、
私の中での一押しダンサー(のぞく、身内)。


品や華、身体能力もさることながら、
踊りに対する敬虔な姿勢や思いが伝わってきて、
見ていてとても気もちがいいです。 心が躍る感じ。
 

 
もう少し大きな画面で見たい方は、こちらからどうぞ↓
http://www.youtube.com/watch?v=_mhqUma22hI
 

ゴティプアの動画

 
キャー ついに見つけました。ゴティプアの動画。

ゴティプアとは東インドの古典舞踊、オリッシーの源流と言われている踊り。

6歳から16歳まで(18歳かも)の少年が、女性の衣装を着て
メイクをして、神に捧げる踊りを踊ります。


4~5年前にゴティプア舞踊団が来日、
そのときからゴティプアのとりこになってしまいました。

banda_1.jpg


ものすごいアクロバティックなポーズと、
その合間の、何事もなかったかのようなステップ、
シャイだったり色気があったりする顔の表情、
すごいのに少年らしさが残る、なんだか垢抜けないところ、
すべてがツボ。



少し見づらいですが、ぜひ・・・。