ねる前のおまじない

 
というか呪文。
● 「ぐっすりすっきり」とつぶやく (声に出して)

これで熟睡。次の朝快調。

あとは、前にテレビで知ったこと。
● にーっと笑う (3秒くらい。声はださなくていい)

笑顔には心身をゆるませる、免疫力アップなどなど、
いろいろと効能があるのだそう。作り笑いでも効果があるそうです。


これがすんだら呼吸に意識を向けて、寝るだけです。


ねる前のヨガとか、他にもいろいろ効果的なことはあるけれど、
この2つはまったく努力がいらないし、時間もかからないので気に入ってます。
(またまたちょっとアヤシイだけ)


こんな風にリラックスして眠れちゃうかも~。
ねコタ.JPG

すぴー。
  

ぶらっと小旅行

  
帰省。
行きは13時間レトロコース。

根府川.JPG

掛川.JPG

最後、乗換えを忘れて30分遠回りをしてしまった。
ガラガラの車両だったので、ジブン撮りをして遊ぶ。
ジブン.JPG


意外なことですが、初めて四国に行きました。
瀬戸内海は島がたくさん。
瀬戸内海.JPG

瀬戸内海2.JPG

香川の詫間という町の写真家さんに案内していただきました。
とても素敵な方でした。
60をすぎてから詫間に移り住み、写真を撮ったり家でたくさんの動物を飼ったり。
庭をニワトリがうろうろしてはりました。

詫間、絶景。
詫間.JPG


といいつつ、足元に目がいく。
ばち.JPG

綿毛.JPG


詫間は浦島太郎伝説の町。
全国に伝説はあるそうですが、なんと詫間には浦島太郎のお墓が。

地名もおもしろい。たとえば、

積(つみ)→ 竜宮城から宝を積んで帰った浜辺
箱(はこ)→ 玉手箱を開けた浜
紫雲出山(しうでやま)→玉手箱からの白煙が紫色の雲となり、たなびいた

これがその積。
積.JPG


お花畑もありました。
マーガレット.JPG


帰りはフェリー。
今度は鬼が島みたいなのがいっぱい。
瀬戸内海フェリー.JPG


さて岡山。
あ!アンパンマン列車!!
あんぱんまん.JPG


さ、のんびりしたので、ちょっと動きましょうか。。。
 

写真日記

 
夕方買い物にでかけたら、空が固まっていた。
私の周りには風が吹いてるのに、雲がピクリともせず、空に貼りついている。
頭がおかしくなったのかと思うくらい。
携帯しかもっていなくてざんねんっ。
夕焼け.JPG



ブータンにはまっている友人をいじりにダバインディア
ダバ.JPG


最近はブータンで現地人と思われ、写真に撮られたりするらしい。
ブータンのツアー会社のパンフやホームページにも何気に登場。
(何気なさすぎておそらく見つけられません)
ミールスおいしかった。
ミールス.JPG

ミールスについての記事→コチラ



季節柄か、ねこさんたちが元気。
にゃごにゃご会話してます。
にゃご.JPG


カラスはいつも元気。
カラスの写真をとるのが好きな知人によると、
カラスはカメラを向けるとポーズをとるそうです。
カラス.JPG

 

インドネパール料理

 
穏やかな春のお昼、ブータン出身の友だちが自宅でお料理教室を開いてくれました。

行ったらもうテーブルセッティングが。
りょうり.JPG

レシピも配布してくれて、ざっと説明があって。
それから約2時間半、女子7人でわいわい料理。

おいしいごはんができました。
できあがり.JPG
バッテリーの都合で写真ここまで。


了承をもらったのでひとつレシピ。
たけのこにスパイス、イケますよ。

スパイス料理って前は抵抗があったけれど、ある程度スパイスを揃えてしまえば
意外と手軽にできて気に入ってます。レパートリーを増やしているところ。


       ◆ じゃがいもと竹の子の炒め ◆

材料(4人分)

じゃがいも 小3つ     → 薄切り または小さめの拍子切り
筍(水煮) 100gくらい  → 薄切り または小さめの拍子切り
にんにく  小1かけ    → 薄切り
香辛料
 ターメリックパウダー もみ込む用 適宜(小さじ1くらい)
 唐辛子 1/2本  → ちぎる
 ミックススパイス・パンチフォロン 小さじ1/2
  ★パンチフォロン → クミンシード、二ゲラ(ブラッククミン)、フェネグリーク、
           マスタードシード、フェンネルシードを混合したもの・ネットで買える
塩 小さじ1/2
サラダオイル


作り方

① フライパンにサラダオイルをひく。
② ミックススパイス、唐辛子、にんにくを加えて香りが出るまで炒める。
③ じゃがいもを塩、ターメリックパウダーでもみこんだ後、②に加えて
  少しやわらかくなるまで炒める。
④ 同じく筍に塩、ターメリックパウダーをもみこみ、③に加えて
  焼き色がつくまで弱火でじっくり炒める。
 

過ぎし日々。

 
ちょっと岡山に帰ってました。

桃太郎.JPG
今日はハトもお供


今の家は5歳まで住んでいた家。
4年前に実家が岡山に戻り、もとの家に住み始めました。
小さいころはすごく広く思えたへやが、驚くほど小さい。


夜ねるとき、ちいさな自分が ここでどんな夢をみてたんだろう・・・と
いつも思います。

父が障子越しに影絵をしてくれたそのへやで、今もぐっすり眠ります。


コタと南天.JPG

 

祖母の年賀状

 
もうすぐ90になる祖母。
年が明けてから「これ出してきて」と年賀状を私に手渡した。

『今年も生き永らえ 新年を迎えることができました
お手を煩わすこともあると存じますがよろしく~~』

というような文面が印刷されていた。


ポストに行きながらふと、祖母はちゃんと実際に新年を迎えてから
これを出したかったのかなぁと思った。

深読みしすぎだろうなと思いつつ、なんだか胸がギュッとなった。


年をとればとるほど 死は身近なものになるのだろうか。
死はやっぱり こわいのだろうか。
まわりの人を失うたび どんな風に思うのだろうか。


私は、キホン風まかせではあるけれど、
いつ死んでも後悔しないように生きているつもり。

だけど、明日まで、1ヶ月後、1年後と知らされたら間違いなく動揺すると思う。

祖母はそういうことを考えるのだろうか。


世の中にはいろんな考えが溢れているけど、どう生きるか 答えなんてない。
自分に正直に生きたい、引き続き。



余談。

祖父が認知症になって体も弱ってしまったとき、
私の叔母は、『最後のお正月を迎えました』という年賀状を印刷しようとしました。

もちろんまわりにとめられましたが。
潔いというかなんというか大うけ。 祖父はそれから3年近く生きました。

sora.JPG

 

2010年の抱負

 
かわいい 秋にソロプログラムをする

かわいい 1週間に1~2回、ジョギングをする

かわいい 「自分の踊り」をみがく



きた風に乗っていくことの多い私ですが、
今年はなんだか武者震いのようなワクワク感と共にいます。

ほかのだれかになろうとするのではなく、自分自身を花開かせていこうと思います。

ふゆのあさ.JPG

 

ゆく年くる年

 
2009年がもうすぐおわります。

おちば.JPG

おかげさまで今年も胸躍る日々を過ごすことができました。


キラキラとした多くの経験、みなさまとのご縁が
心をほくほくとあたため、心強い支えとなっています。


今後も地に足をつけ、一歩一歩あゆんでいきたいと思っています。

みなさまも、どうぞよいお年をお迎えください



ちなみに今日は長旅を楽しむ予定。
朝5時に家を出て、うまくいけば実家に夜6時半ごろかな?
電車にゆられ、えっちらおっちらとまいります。
 

たき火は・・・

 
生が1番美しい。

でもいどんでみました。

CIMG3020.JPG


CIMG3030.JPG


CIMG3010.JPG


CIMG3037.JPG


たき火がむしょうに好き。

そこにあるのは、火と木、それだけ。

いつのまにか心の中の引き出しも整理されている。

CIMG2990.JPG
 

麻呂顔??

 
友人にもらった「つぼキュ~」なる足裏吸引器。

CIMG2640.JPG

土踏まずや湧泉というツボにゴムの吸盤をはりつけて、疲れをとるというもの。

これがけっこう気持ちよくて、足裏のみならず、
肩に腰にとはっつけて遊んでました。


でね、そう、お気づきのとおり、つい顔にやってみたわけです。

2日経ちましたが、まだこんなです。 左が濃いぃな。

CIMG2639.JPG

近々会う方、どうぞ笑ってやってください・・・