「天空に咲く」曲紹介1『マッラーリ』

ソロ公演「天空に咲く」がだいぶ迫ってきました。

前回の公演のときに、踊る曲をブログで紹介したら好評だったので、
今回も簡単に曲紹介をしていきたいと思います。

あまり専門的なことではなく、私の個人的な思いが中心の、
ゆるっとした内容になると思います。
(最後まで書ききる時間があるのか~??)


今回も公演は全4曲でお送りします。

1曲目はマッラーリ。

ヒンドゥー寺院では花輪やジュエリーで神様の像を飾り、
お供え物と共に行列になって運びます。

そのとき演奏されるのが、このマッラーリです。

楽器はナーガスワラム(ナーダスワラム)というラッパみたいな音が出るたて笛と、
乾いた軽快な音が出る両面太鼓タヴィル。


動画を参考に貼っておきますが、相当けたたましい。笑





バラタナティヤムでもこの曲が踊られ、舞台のはじめに神々をお呼びし、お花を捧げます。

そして、騒がしくはないのでご安心を。
ゆっくりとした厳かな雰囲気から始まって、次第にテンポをあげていき、最後はヒンドゥー教の三大神をたたえて静かに終わります。



インドでは八方向に守護神がいると言われます。

私の個人的な実感としては、四方八方に方向を変えながら踊ることで、
気持ちが高まりそして祈りが満ちるのを感じる曲です。



先日練習した動画を少しインスタに載せたので、一応こちらでもお知らせしておきます。
https://www.instagram.com/p/BxUspD0lfMz/

このあと個人レッスンでみっちり教えてもらい、だいぶ手直しが入りました。
振り付けの変更もあって、よりよくなるはず☆

本番までにできるだけ磨きをかけていきます。