2017年09月26日

「宙を翔ける」曲紹介 その4『ティッラーナ』


先週末のナマステ・インディアでかなりリフレッシュした私です。

さて、ソロ公演の演目について書き綴ってきましたが、最後を飾るティッラーナをご紹介します。


ティッラーナは歓喜の舞。

特に物語性を持たない身体表現が中心の演目で、
バラタナティヤムの型の中で、幾重にも変化するリズムを刻んでいきます。

ダンサーは持てる力を全て出しきり、大輪の花を散らして舞台の終演を迎えます。



今回のティッラーナはKathanakutohalam(カタナクトゥーハラム)という旋律のもの。

華やかで軽快な曲調で、心身が浮き立つような明快さ。
時折混ざる早口言葉みたいなのも小気味よい。

アビナヤ(感情表現)のところのメロディーもとても美しく、
曲を耳にしただけで、幸せな心持ちになります。



この曲も新曲で、ずっと憧れていた曲。

でもbigアイテムと言われていて、習うのにはまだ早いと言われたこともありました。
教わってみると確かにbigで、リズムが難解だったりスピードが速かったり、ギュッとたくさんステップが入っていたり。

大作ヴァルナムと合わせ、まさしく「持てる力を全て出しきり・・・」になるのでは、と思ったりもしています。



でも本当にすごい人って難しさとか大変さを感じさせずに人を楽しませる。
私もそんな踊り手になりたいと強く願います。


そして今までいろいろな紹介をしてきて、
インド舞踊のあれこれを知ってもらうのはもちろん嬉しいけれど、
でも、そんな予備知識を抜きにしても純粋に楽しんでもらえるともっといいな〜と思います。


10月6日、どうぞゆったりと快適にお楽しみください。

P6145672.JPG
posted by Yamini | インド舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする