2016年11月07日

ライブ“Peace Flag”に寄せて

福島市と南相馬市で元気に踊ってきました。
どこへ行っても温かく迎えていただいて、時にせかせかと動きつつも 日だまりでまどろむかのようなぬくもりに包まれる日々でした。

様々な問題に取り組みながらも、強くやさしく生きる方々。
これからの関わり方についても改めて考えさせられる機会となりました。


さて、Peace Flagについてfacebookにメッセージを・・と頼まれていたため、稚拙ながら思いを言葉にしてみました。
でもせっかくなので、こちらにも載せてみます。


-----------

世の中にあふれる悲しいニュース。それに心を痛めても、自分では何もできない無力さや、当事者に近づけない薄情な自分を痛感することがあります。

東北に関わることをしていても、これが本当に役立つのだろうかと揺れる心があります。
私がやっていることは小さなことで、どれだけ力になっているかもわからない。
むしろいつも力をもらうのはこちらの方。
そんな思いをいつも感じていました。

でも、以前宮城県の石巻に踊りに行ったとき、町中で目にしたのはこんなメッセージでした。
「全国のみなさまありがとう。そのお気持ちはずっと忘れません。私たちはそれを支えにがんばります。」

一人一人の力は小さくても、思いは届いていたのだ。そう感じました。


随分前の話ですが、インドの先生は、踊りの難しさに顔をこわばらせる私たちに、
“Dance is joy. Smile.”
と言われました。そのときから私の心はシンプルに染まりました。

私は踊りが大好きで、とても楽しんでいます。
怒りが怒りを生むように、喜びも伝播していくと思います。
今回のライブで踊る「ティッラーナ」は歓喜の舞。
私が踊ることで誰かの心に花が咲くことを祈りつつ・・・
posted by Yamini | インド舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする