カタカリを見た話

 
インドの話、またポツポツと書いてみます。

今日はカタカリを見た話。
カタカリは南インドケーララの舞踊劇。
歌舞伎にも似た独特のお化粧と、色鮮やかな衣装が強烈な印象。
踊り自体もテンポのよい生演奏にのせて、時にしっとり、時に激しく、エキサイティングでした。

この日見たのは観光客向けの舞台で、お化粧をするところから見せてくれ、
デモンストレーションに短い舞台、といいとこどりな内容でした。


お化粧のようす。
カタカリお化粧.JPG

左側の人、ひまそうだなーと思っていたら、

えらを付ける人でした。
カタカリ2.JPG



カタカリ4.JPG
こっち見てる?


カタカリ5.JPG
まだ見てる。



この人は女形。
カタカリ3.JPG


緑の顔、ほんと独特。
緑は高貴さを示すのだとか。
カタカリ6.JPG



最初は1番後ろの席だったのだけど、あまりにも興奮してるのが伝わったのか、
途中で前の席が空いていたところに呼んでくれるというラッキーもあり、かぶりついて見ました。


カタカリデモ.JPG

デモンストレーションでは目の動かし方や基本の動きの紹介、
それからナバラサという9つの感情表現を寸劇仕立てで紹介してくれて、
同じ怒りでも相手によって表現方法がちがうなどなど、思わず「うんうん」と頷きたくなる内容。
ちょっとおもしろおかしくもまとめてあって笑いがもれる。


カタカリ.JPG

踊りもおもしろかった~。
隣で見ていた友だちによると、私は目が爛々に輝いていたそうな。

目がくらむような異次元に舞い込んで、インドに浸った一夜でした。